水疱瘡 治療 症状 大人

水疱瘡の跡の治し方について等

スポンサーリンク

水疱瘡とはウイルス性の感染症の一種で、水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルスに感染する事で発症します。
この感染症は多くの人が子供の頃に経験するのですが、少数派ではあるものの大人になってから発症するケースもあります。
子供の発症と比べて大人の発症の場合には、一般的に重症化しやすいと言われているので注意が必要です。
水疱瘡を発症した時に現れる症状としては突然の発熱や、全身に現れる無数の皮疹等がよく知られています。
この時の皮疹は時間の経過に伴ってかさぶたへと変化して、数週間かけて完治へと向かっていきます。
ただ状態が重い場合には二次的な細菌感染等の合併症が起こる事もあり、中には肺炎や髄膜炎を合併してしまうケースもあります。
ちなみに水疱瘡はウイルスに感染してもすぐに発症するわけではなく、発症までは一定の期間を必要とします。
この感染から発症までの期間の事を潜伏期間と言い、この疾患の場合には2週間程度かかると言われています。
スポンサーリンク

水疱瘡の治療方法は年齢等で異なり重症化しやすい乳幼児より上の人の発症では、抗ウイルス薬の投与を行う事が多いです。
また発症してからの治療ではなく、あらかじめ予防接種を受ける事で発症を防ぐのも効果的な手段とされています。
ちなみに前述したように水疱瘡を発症すると皮疹が現れるのが基本で、この皮疹は完治後に跡が残ってしまう事があります。
小さなものの跡なら自然と消えていきますが、ある程度大きなものだと跡が消えない場合もあるので治し方を知っておく事が大切です。
水疱瘡で出来る皮疹の跡の治し方についてまずは、発症中に皮疹を掻いたりしない事が治し方として重要になります。
水疱瘡の皮疹は痒みを伴う事がありますが、この時に掻いてしまうと皮疹が潰れて跡が残る事があるのです。
そのため正しい跡の治し方としては出来るだけ掻かないようにして、皮疹を潰さない事が治し方の重要なポイントになります。
次に完治後の皮疹の跡の治し方については素人で出来る事は限界があるので、病院で相談するのが望ましいです。
形成外科や皮膚科等で相談すると手術や、ピーリング等の専門的な治し方で対応してもらう事が出来ます。
スポンサーリンク
更新履歴