水疱瘡 熱 なし

水疱瘡は発熱がなしの時もあります

スポンサーリンク

水疱瘡といえば様々な症状がある病気となっていて、子供が発症しやすい傾向であり感染力も比較的に高いため気をつける必要があります。
ちなみに水疱瘡は大人も発症するリスクが高いとされていて、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。
大人の水疱瘡は子供より重症化する事があるため、発症するのを避けたい所であります。
大人の水疱瘡については感染によって発症する事が多いため、気をつけていかなければいけなくなります。
水疱瘡の主な症状に関しては発熱・皮膚のかゆみ&痛み・皮膚のただれ・倦怠感・食欲低下・かゆみによる不眠症・水ぶくれ等があり、発熱については高い熱を出したりする事もあるため気をつける必要があります。
感染してすぐには自覚症状がなしの状態が続き、日が経つにつれ徐々に症状が出てくるためかなり厄介であります。
感染してから数日のうちは自覚症状がなしの状態が続き、少しずつ腹部の周辺に赤い発疹ができてくるためその時に水疱瘡を発症しているという事に気づきます。
症状については発熱がなしの状態が続き、他の症状が強く出たりするケースもあります。
逆に発熱以外の症状がなしの状態が続き、高熱のみが出たりする事もあるため、人によって症状が異なる特徴もあります。
初期段階の状態であれば、市販で販売されている薬を使って対処する事が可能でありますが、効果がなしの場合であれば病院に行って診療を受ける事をおすすめします。
スポンサーリンク

市販で販売されている薬は使っても効果がなしの時もあったりするため、注意しながら使用していく事が大事であります。
水疱瘡を早く治したいのであれば病院に行ってしっかりと医師から対応を受ける事が大事となっていて、大人であれば皮膚科が無難となっています。
また、子供の場合は小児科で対応を受ける事ができるためそちらに行くようにお願いします。
皮膚科と小児科は水疱瘡の診療も得意分野となっているのでしっかりとした診療を受ける事ができます。
主な治療方法になりますが薬物療法が中心となっていて、抗ウイルス薬・消炎鎮痛剤の投与を行ないつつ効果ある薬の処方を行ないます。
発熱が酷い場合については解熱剤も一緒に処方してもらようにすれば、無難な対応を行う事ができます。
発熱がなしの状態の時は処方する薬については少くなるため、抗生物質や塗り薬のみとなります。
治療中の際は保育園・幼稚園・学校等の登校は1週間から2週間の休みを取る事が必要であります。
また、大人の場合については1週間弱は会社とかには行かないようにお願いします。
ちなみに水疱瘡の予防接種も受ける事ができるため、予約を入れればワクチンの注射を受ける事ができます。
スポンサーリンク