水疱瘡 リンデロン 塗り薬 軟膏

水疱瘡の塗り薬とリンデロン軟膏

スポンサーリンク

子供に多く見られるのが水疱瘡になります。
これは非常に感染力が強くなっているので、水疱瘡を発症しているときには、他の人に感染させることがないようにしっかりと注意をしなければいけません。
水疱瘡の可能性があるときには病院を受診しますが、ここでは塗り薬などの軟膏が処方されるようになっています。
水疱瘡は子供に多く見られる病気となっていますが、ウイルスによる感染症で、10歳までに約90パーセントの人が感染すると考えられています。
全身に赤い発疹ができるので見た目が非常にひどく心配になります。
水疱瘡に感染する可能性がある期間は、発疹が現れる1日から2日前から、水ぶくれがすべてかさぶたになるまでと考えられています。
空気感染で感染するという非常に感染力の強いウイルスとなっているので、集団生活ではしっかりと対処をする必要があります。
初期症状としては発熱や軽い頭痛や食欲低下となります。
気になるのが水疱瘡の治療方法です。
スポンサーリンク

病院によって指示がされるようになっていますが、基本的には内服薬や塗り薬という軟膏が処方されています。
内服薬は48時間以内に服用すると発疹や水疱が軽くなります。
最近によって化膿するおそれがあるときには、抗生物質が処方されています。
塗り薬などの軟膏に関してはリンデロンが使われています。
リンデロンというのは抗ヒスタミンの軟膏となります。
水疱瘡でリンデロン軟膏を塗るときには、綿棒などを使って直接手に触れることがないように心がけます。
リンデロン軟膏とは塗り薬となりますが、リンデロン軟膏はステロイドを含んでいる塗り薬です。
これは炎症を鎮める効果があります。
リンデロンという塗り薬は非常に高い効果が期待されていますが、免疫力が低下することもあるので注意が必要です。
病院によって水ぶくれがあるときには、塗り薬としてリンデロンが使われないこともあります。
長期間の使用に関しては、医師の指示に従うことが大切になります。
スポンサーリンク