水疱瘡 予防 接種 副作用 熱

水疱瘡の予防接種の副作用と熱

スポンサーリンク

水疱瘡を予防するためには、予防接種が効果があると考えられています。
水疱瘡を予防するためには水痘ワクチンが定期接種されるようになっています。
費用の負担が少なくなったと言うことで、予防接種を受ける人が多くなっていますが、副作用が心配という人も少なくありません。
予防接種は水疱瘡などの病気の発症を抑える効果が期待されていますが、副作用が100パーセントないと言うことではありません。
したがってどのような副作用があるのかをしっかりと把握してから予防接種を受けるようにします。
水疱瘡の予防接種の副作用として重い症状が現れることはないと考えられています。
しかし約7パーセントの確率で軽い副作用が現れ、100万人に1人に重い副作用が現れると考えられています。
したがって予防接種はできるだけ体調がよいときに受けることが基本です。
体調を崩しているときには延期をします。
発育に障害があり治療中であったり、卵アレルギーや薬アレルギーがある場合は副作用が発生する可能性が高くなります。
スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種で発生すると考えられる副作用は次のようになっています。
それは発熱になりますが、発熱の程度は38度の高熱と考えられています。
水疱瘡では、副作用として微熱が続くこともあります。
高熱が原因でひきつけを起こすこともあるので、安静に過ごすように心がけます。
発熱を防ぐために、激しく遊んだり夜遅くまでで歩くというような無理をさせないように心がけます。
発熱が見られたときには次のような対処法を行います。
高熱やひきつけを引き起こしたときにはすぐに病院を受診します。
微熱の場合はしっかりと水分補給をし、自宅で様子を見ます。
しかし水分補給ができずに排尿が見られないときには、水疱瘡の注射を行った病院を受診するようにします。
このほかに接種部位の腫れや赤みやしこりなども見られます。
腫れがあまりにもひどい場合は病院を受診しますが、かゆみがある場合は患部を冷やすと治まります。
患部をかきむしる場合は病院を受診するようにします。
スポンサーリンク