水疱瘡 妊婦 抗体 あり

水疱瘡で妊婦の抗体あり

スポンサーリンク

水疱瘡は子供が発症しても、薬を利用することでしっかりと治療をすることができます。
しかし大人が水疱瘡を発症したときには注意が必要となります。
症状が悪化する可能性があるからです。
また妊婦が水疱瘡を発症したときには、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高くなっているので、できれば妊娠をする前にしっかりと対処をする必要があります。
妊婦の水疱瘡は胎児に悪影響を及ぼすと考えられています。
水痘ウイルスによって発疹や発熱などの症状が現れるようになっていますが、感染力が強く、空気感染だけではなく飛沫感染や接触感染をするという特徴があります。
したがって知らない間に他の人と接触して感染しているというのも珍しくありません。
妊婦の水疱瘡が危険と考えられているのは、症状が重症化しやすいだけではなく胎盤感染や産道感染を引き起こす可能性があるからです。
赤ちゃんに生涯を残したり命の危険を及ぼすこともあります。
したがって妊婦健診の際に抗体検査が行われることもあります。
スポンサーリンク

しかし妊婦の場合初めて感染すると言うことではなく抗体があり2回目以降の場合には、帯状疱疹が現れるだけのこともあります。
この場合産道感染の可能性はほとんどないと考えられています。
水疱瘡の抗体を持っていれば、妊婦が不安を感じることはありません。
妊娠を希望しているときに水疱瘡にかかったことがあるかわからないという場合は、抗体検査を受けることができます。
抗体検査によって抗体がないということがわかれば、水疱瘡の予防接種を受けることができます。
水疱瘡の予防接種は生ワクチンとなっています。
したがって妊婦が受けることができません。
妊娠をした後に抗体がないということであれば、感染の可能性がある人との接触を避けるというように日常生活の中での予防が必要です。
このときに家族にも抗体検査を受けてもらうようにします。
感染力が強いので同じ家の中で生活をする家族では感染率が高くなる傾向があります。
妊婦は周りの人に協力をしてもらうことも大切です。
スポンサーリンク