水疱瘡 予防接種 うつらない

水疱瘡の予防接種でうつらないのか?

スポンサーリンク

水疱瘡を予防するために予防接種が行われています。
水疱瘡の予防接種は1歳になったらすぐに受けることが望ましいと考えられていますが、予防接種をすることで水疱瘡にうつらないのか気になります。
水疱瘡の予防接種では、水痘ワクチンを体に入れていますが、これによる効果はさまざまと考えられています。
しかしその中で基本的に1回の予防接種で水疱瘡の発症を80パーセントから85パーセント予防することができると考えられています。
しかし予防接種をしたからうつらないと言うことではありません。
残りの15パーセントから20パーセントの人は発症の可能性があるということです。
接種をしたからといって全くうつらないというように判断しないことが必要です。
ワクチンを接種していても水疱瘡を発症することがありますが、この場合重症化を防ぐことができます。
水疱瘡の予防接種を行ってうつらないようにするためには、決められた回数を行うことが大切です。
スポンサーリンク

ワクチン接種では、1回目である程度の抗体がつきますが、2回目の接種でさらに高い抗体価を長く続けさせることができます。
その結果うつらない可能性が高くなっています。
1回の接種だけでは抗体価が上がらない人もたくさんいますが、2回接種することで1回目でほとんどつかなかった抗体を付けることも可能です。
水痘ウイルスは非常に感染力が強くなっています。
同じ家の中で感染者を隔離しても通気口から空気感染する可能性もあります。
したがって予防接種を受けていればうつらないということはないのです。
しかしワクチンを接種していない人よりも熱や発疹などの症状が軽くなります。
合併症の危険もありません。
水疱瘡の予防接種を行うことで100パーセントうつらないということはありませんが、ある程度の予防効果があると考えるようにします。
ワクチン接種に関しては、1回目の接種を行ってから少なくとも3ヶ月はあけて2回目を接種するというのが決められています。
スポンサーリンク