水疱瘡 跡 皮膚科

水疱瘡の跡と皮膚科について

スポンサーリンク

水疱瘡は皮膚にたくさんの発疹が発生するようになっています。
水泡ができた跡にかさぶたとなって自然と消えるようになっていますが、水疱瘡で水泡ができたときにかきむしってしまうと、皮膚に跡が残ることもあります。
これが顔などに見られる場合は非常に気になります。
何とかして水疱瘡の跡を消したいと考えている人が少なくありませんが、どのような方法があるのか気になります。
身体中に赤い発疹や水泡ができてしまう感染症である水疱瘡ですが、子供が発症することが多くなっています。
大人でも感染することがありますが、治療をしても水疱の跡が残ってしまうことがあります。
強いかゆみに我慢をすることができずに水疱をかいてしまうと、跡が残ってしまいます。
子供の頃に感染した場合は新陳代謝によって跡が消えていくことが多いです。
しかし真皮に近いところで発生するので消えにくいという傾向があります。
そこで気になるのが跡を消す方法です。
水疱瘡の跡を消すときには皮膚科を受診します。
スポンサーリンク

皮膚科では次のような治療が行われています。
水疱瘡によるコンプレックスに関しては、皮膚科で解決することができます。
皮膚科の中でも美容皮膚科に相談をすると安心です。
美容皮膚科では水疱瘡のコンプレックスを取りのぞくために、手術やピーリングが行われています。
切除縫縮手術という方法がありますが、これは気になるところを切り取って傷口を縫い合わせ、周辺の皮膚との境界を目立たなくさせると言うことが行われています。
美容皮膚科で行われている治療となりますが、手術は10分程度で終わるようになっています。
入院の必要はなく1ヶ月程度で目立たなくなります。
しかし手術はしたくないという人もいます。
このような場合ケミカルピーリングが行われています。
肌の細胞を生まれ変わらせでコラーゲンを分泌させる薬を塗るという施術で、これを10回程度行って少しずつ薄くしていきます。
費用や施術方法に関しては、いくつかの美容皮膚科で確認するようにします。
スポンサーリンク