水疱瘡1回なったらならない

水疱瘡1回なったらならないのか?

スポンサーリンク

水疱瘡とはウイルスによる感染症の一種で、水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルスに感染する事で発症します。
水疱瘡は多くの人が子供の頃に経験する感染症なのですが、少数派ではあるものの大人になってから発症するケースもあります。
大人が発症した場合には子供の発症の場合と比べて、一般的に重症化しやすいと言われているので注意が必要です。
水疱瘡を発症した場合に現れる症状としては突然の発熱や、全身に無数に現れる皮疹がよく知られています。
この時の皮疹は時間の経過に伴ってかさぶたを形成するようになり、数週間程度で完治へと向かっていきます。
またひどい時には二次的な細菌感染等の合併症が起こる場合もあり、ごく稀に肺炎や髄膜炎等を発症してしまう事もあります。
 ちなみに水痘・帯状疱疹ウイルスは感染したらすぐ症状が現れるわけではなく、一定の期間をおいてから発症します。
この感染から発症までの期間の事を潜伏期間と言い、水疱瘡の場合には約2週間程度かかると言われています。
スポンサーリンク

水疱瘡の治療方法は年齢によって異なり乳幼児の場合には対症療法、それより上の年齢の場合には抗ウイルス薬の投与が行われます。
この違いは乳幼児の発症に比べてそれより上の年齢の発症のほうが、一般的に重症化しやすいと言われているためです。
また発症してから治療するのではなく、あらかじめ予防接種を受ける事で発症を防ぐのも有効な手段とされています。
ちなみに水疱瘡1回なったらならないと言われますが、この水疱瘡1回なったらならないは当てはまらないケースもあります。
水疱瘡1回なったらならないと言われるのは、1回なると体内に免疫が作られて次に感染しても対抗出来るからです。
しかし1回目が軽い発症で済んでしまうと完璧な免疫が体内に出来ず、その状態で再び感染すると発症してしまう事もあります。
そのため水疱瘡1回なったらならないというのは、1回目できちんと発症が出来た人にのみ当てはまるのです。
発症が軽くて水疱瘡1回なったらならないという説に当てはまらない場合には、病院で相談してみるのが有効だと言えます。
病院で自分が水疱瘡1回なったらならないに該当しない可能性があると相談すれば、その場の体内に免疫があるかを調べてもらう事が出来ます。
検査の結果免疫が不充分で水疱瘡1回なったらならないに当てはまらない場合は、予防接種を受ける等で対処する事が可能です。
スポンサーリンク