水疱瘡 痒み 期間

水疱瘡の痒みの期間について

スポンサーリンク

水疱瘡を発症すると、体にさまざまな症状が現れるようになっています。
その中で水疱瘡の代表的な症状として痒みがあります。
何とかして辛い痒みから解放されたいと考えますが、一番症状が辛くなる期間というのが気になります。
水疱瘡で痒みの症状が辛くなってくる期間というのは、発症してから2日から3日後となっています。
発症した最初の期間は、皮膚が赤くなって半日後にはその範囲が広くなり、1日が経過する頃には水疱となっています。
この水疱が非常に辛いもので、痒みを伴うことがほとんどです。
水疱瘡では、痒みに関して3日から4日という期間我慢をすると、水疱はかさぶたとなって症状が治まってきますが、この期間が症状のピークというように考えます。
水疱瘡を発症し、数日間は体のさまざまなところに症状が現れるようになっています。
しかし1週間程度という期間ですべての水疱がかさぶたに変化します。
このとき同時に痒みも治まるようになっています。
スポンサーリンク

したがって水疱瘡を発症したときには、ピークとなる期間を我慢して、1週間耐えることができれば症状が回復してきます。
痒みを我慢することは非常に辛いですが、病院を受診すると塗り薬が処方されるので、これで対処をするという形となります。
痒みを我慢することができずにかきむしってしまうと、水疱が破れて中の液体が飛び出し、ほかの部分に症状が広がってしまう可能性があります。
したがって水疱瘡を早く治療するためには、できるだけ患部を触らずかきむしらないようにします。
我慢をしていても寝ている間に無意識にかきむしっていることもあります。
このときにできるだけ患部を刺激しないように、爪を短く切っておくという対処法が必要です。
水疱瘡が完治するまでの期間が気になりますが、発疹が現れて水ぶくれになり、かさぶたになって治るまでに4日から5日が必要です。
すべての発疹がかさぶたとなって消えるまでには、10日から3週間が必要と考えておきます。
スポンサーリンク