水疱瘡 後遺症 頭痛

水疱瘡の後遺症と頭痛

スポンサーリンク

水疱瘡は水痘ワクチンが原因となって症状が現れるようになっています。
水疱瘡に感染して時間の経過と共に完治するようになっていますが、水疱瘡が完治した後に頭痛に悩まされるという人がいます。
この場合水疱瘡の後遺症の可能性があります。
水疱瘡の皮膚障害が完治した後に痛みが取れず、チクチクと感じることがありますが、これが慢性化すると痛みが病気として現れるようになっています。
これは後遺症の可能性がありますが、ウイルスが急速に増殖し、神経細胞が破壊されたことが原因と考えられています。
水疱瘡のウイルスに関しては、症状が治まってもその一部が神経の奥深くに逃げ込んで存在し続けています。
そして疲れやストレスや免疫力の低下によって再び活動をし始めると頭痛のような症状が現れます。
頭痛や虫刺されのような赤みや発疹、水疱というような症状が現れたときには、帯状疱疹という後遺症の可能性が考えられています。
これは水疱瘡のウイルスが関係しています。
スポンサーリンク

神経に痛みが発生し、病院を受診しての何も異常が発見されません。
したがって後遺症ではなく単に頭痛や神経痛というように判断されることがあります。
ここでしっかりとした対処を行わなければウイルスが増え続けます。
神経を通って皮膚も攻撃するようになります。
頭痛だけではなく皮膚症状が現れるようになり発疹が見られます。
頭痛などの後遺症は早期発見をすることで、薬でウイルスの活動を抑えることができます。
したがって頭痛などの後遺症も発生しにくくなっています。
しかししっかりと治療をせずに放っておくと、症状が悪化し水疱が発生してしまいます。
発見が遅れると深刻な後遺症が残ることにつながってしまいます。
このように帯状疱疹が発生するのは、夏の疲れが出たときが一番多いと考えられています。
水疱瘡の後遺症を引き起こさないために、免疫力が低下しないような生活を心がけることが必要になります。
そのためには食事だけではなく規則正しい生活習慣を意識します。
スポンサーリンク