水疱瘡 予防接種 有効期間

水疱瘡の予防接種と有効期間

スポンサーリンク

水疱瘡の発症を防ぐために予防接種が行われています。
これで100パーセント感染を防ぐことができるというものではありませんが、重症化を防ぐことができると考えられています。
したがって水疱瘡の予防接種に関しては、1歳になればすぐに受けるようにします。
最近水疱瘡の予防接種に関しては、任意から定期接種へと変わっています。
1歳になれば接種することができますが、接種をしていても水疱瘡に感染することもあります。
そこで気になるのが抗体の有効期間となります。
水疱瘡の抗体は生涯続くと言われることもありますが、実際にはっきりとしたことはわかっていません。
水疱瘡の予防接種に関しては2回行うことがよいと考えられています。
これで確実に抗体を作ることができます。
小学校に入学する前に発症する場合が多いので、1歳から接種することができます。
基本的にワクチンの有効期間は次のようになっています。
水痘ワクチンの有効期間は5年から10年となっています。
スポンサーリンク

有効期間が5年から10年というようになっていますが、これは体質によって違いがあります。
どのようなワクチンに関してっも一生続くことはありません。
年齢と共に有効期間が短くなり、最終的にはなくなってしまうこともあります。
効果的に水疱瘡に対して免疫がある有効期間は10年となっていますが、妊婦が感染すると赤ちゃんへの影響が大きくなっているので、妊娠した際には抗体検査を受けることが望ましいとされています。
抗体があっても、免疫力が低下していると感染してしまうことがあります。
しかしまずは予防の第一歩となるのが予防接種です。
予防接種に関しては回数が決められています。
基本的に予防接種は2回で、1回目の接種から3ヶ月はあけて2回目を接種するようにします。
大人でも感染することがあるので、子供の頃にワクチン接種を行っても有効期間が切れている可能性があります。
水疱瘡が流行し始めたときには、しっかりと抗体検査を行うことが必要です。
スポンサーリンク