水疱瘡 新生児 重症化

水疱瘡の新生児の重症化

スポンサーリンク

水疱瘡という病気があります。
これは子供の発症が多いと考えられていますが、それほど危険なものではありません。
しっかりと対処をすることで治療が可能となっていますが、新生児が水疱瘡を発症したときには、重症化する可能性があるので注意が必要となります。
水疱瘡は子供が多く発症する病気となっています。
しかし予防接種が普及していると言うことで、以前よりも感染者が少なくなっています。
大人でも感染することがあり、妊婦が感染すると赤ちゃんへの影響が大きいと考えられています。
妊娠を希望している人は、しっかりと予防接種を行うことが必要です。
水疱瘡は重症化すると非常に危険で、ワクチンを接種しない場合100万人に20万人が死亡すると考えられています。
水疱瘡の重症化に注意をしなければいけないのは新生児となります。
基本的に重症化することはほとんどありませんが、水疱瘡が原因となって発生する病気によって新生児が入院をしなければいけないことがあります。
スポンサーリンク

新生児が水疱瘡を重症化させると、肺炎や気管支炎や熱性けいれん、このほかには細菌感染症や髄膜炎や脳炎という神経系の病気を発症させることがあります。
この中で0歳や1歳児という新生児は重症化にとくに注意が必要となります。
生後4ヶ月未満の新生児は、胎児の間に母親から水疱瘡に関する免疫をもらっていると言うことで、感染しても症状が重くなることはあまりありません。
しかし母親が水疱瘡に感染したことがなければ、赤ちゃんはこの免疫を持っていないと言うことで、重症化しやすくなっています。
母親からもらった免疫に関しては一時的となっているので、時間の経過と共に消えてしまいます。
したがって生後7ヶ月以上の新生児が感染すると、重症化の傾向があります。
ワクチンを接種して予防をすることができますが、予防接種に関しては1歳以降となっています。
感染したときの治療法は、ウイルスを攻撃するために内服薬が処方されています。
このほかにかゆみを抑えるための軟膏を患部に塗ります。
スポンサーリンク