水疱瘡 予防接種 副反応 発疹

水疱瘡の予防接種の副反応と発疹

スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種が行われていますが、ワクチン接種後に体に何らかの副反応が現れることがあります。
したがってどのような副反応が現れているのかをしっかりと確認することが必要になります。
水疱瘡の予防接種を行った後には、全く副反応が出ないということはありません。
水疱瘡は小さいときにほとんどの人が発症する感染症となります。
しかし大人になってからも発症する可能性もあるので、予防接種を受けることがすすめられています。
底で気になるのが水疱瘡の予防接種の副反応ですが、ほかの予防接種と比べて副反応が少ないと考えられています。
しかしまれに次のような副反応が見られます。
それは1週間から3週間後に発熱や発疹の症状が現れます。
発疹などのほかに注射を行った部分が赤く腫れたり、皮膚が硬くなることもあります。
アレルギー症状が出ることもあり、呼吸困難や意識障害や蕁麻疹の可能性もあるので注意が必要となります。
予防接種のあと4週間以内に水疱瘡と同じような発疹が出ることもあります。
スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種を行った後発疹や発熱などの副反応が出たときには、どのように対処をすればいいのかというと、ほとんどは一時的なものとなっているので、数日で治まるようになっています。
腫れや赤みに関しても自然と回復していきます。
水疱瘡のワクチンに関しては、副反応が少ない分ほかのワクチンと比べると有効性が低いと考えられています。
したがってワクチン接種を行っても発症することも珍しいことではありません。
その中で発疹が全身に広がることがあります。
発疹が全身に広がって水疱瘡のような症状が現れたときには、早めに病院を受診するようにします。
発疹が水ぶくれになることがありますが、その場合には潰さないようにします。
ここにウイルスがたくさん含まれているので、感染を広がらせる大きな原因となってしまいます。
予防接種に関しては2回が推奨されています。
ワクチンは1回の接種で重症化するのを防ぐことができますが、2回の接種で発症そのものを予防できると考えられているからです。
スポンサーリンク