水疱瘡 口の中 痛い 食事

水疱瘡で口の中が痛いときの食事

スポンサーリンク

水疱瘡は子供の発症が多いと考えられています。
小学校入学前の子供の発症が多くなっているので、しっかりと予防接種を行って対処をする必要があります。
しかしほかのワクチンと比べてそれほど予防効果が高いというものではないので、予防接種を行っても水疱瘡に感染してしまうことがあります。
重症化することは防げますが、水疱瘡に感染したときには次のような対処が必要になります。
水疱瘡に感染すると、お腹や背中や顔に小さな発疹が見られます。
これが半日程度で全身に広がっていきます。
発疹が膨らんで水を含んだ水疱へと変化します。
このような症状は1週間から10日程度続くようになっています。
水疱瘡を発症したときには小児科を受診するようにします。
水疱瘡を発症したときに口の中が痛いと言うことがあります。
口の中が痛いときには食事に気をつけることが必要です。
食事に関しては食欲があれば何でも食べさせても良いのですが、口の中が痛いと言うときには注意が必要です。
スポンサーリンク

水疱瘡で口の中に発疹が発生し痛みを訴えます。
このように口の中が痛いときには、喉越しの良いヨーグルトやゼリーや麺類などの食事を用意します。
口の中が痛いと訴えているときには控えた方がよい食事があります。
熱があるときにはできるだけ水分補給を心がけますが、口の中に水泡ができて痛いときには、酸っぱいものや辛いもの、塩辛いものや熱いものというような食事は控えるように心がけます。
このような刺激物を含んだ食事は、患部にしみてさらに痛いと感じる可能性があります。
口の中が痛いときに食べやすい食事の代表的なものとしてヨーグルトがあります。
しかし酸味の強いものは避けるようにします。
卵豆腐も食べやすくなっていますが、口当たりが良く喉ごしがよいので患部に与える刺激が少なくなっています。
うどんなどの麺類に関してはできるだけ軟らかく煮て、コシのない麺を選ぶようにします。
麺つゆなどは薄味を心がけるようにします。
これで患部の痛みを軽減させることができます。
スポンサーリンク