水疱瘡 かゆみ 和らげる 方法

水疱瘡の辛いかゆみを和らげる方法

スポンサーリンク

水疱瘡は、発熱とともに全身に発疹が多数発現し、強いかゆみと戦いながら完治まで2〜3週間療養する必要がある辛い病気です。
子供に多く、予防接種で感染を防ぐことができますが、もしも運悪くわが子が水疱瘡にかかってしまい、かゆみで苦しんでいる場合には何とか和らげることはできないか…と考えるのが親というものですよね。
ここではその和らげる方法を3つご紹介していきましょう。
まず一つ目の方法は、何と言っても薬を飲むことです。
水疱瘡では発症から早い段階で抗ウイルス薬を飲ませてあげると、体内でのウイルスの増殖が抑えられ、発疹の数を少なく抑えることが可能です。
できる発疹の数を減らしてあげられれば、かゆみを我慢する期間も短くて済み、和らげることができます。
処方された量を守ってきっちりと服用させてあげてください。
また、抗ヒスタミン薬や塗り薬を出してもらうのも良いでしょう。

スポンサーリンク

次に二つ目の方法は、肌を清潔にしておき、外部からの刺激も減らすということです。
水疱瘡で熱のある間は入浴は難しいですが、下がってくればシャワーなどで全身をさっと流すなどして清潔に保っておくことが重要です。
この時、水泡が潰れてしまわないように、水をかけるのもふき取るのも優しく行うことを心がけてください。
さらに、肌が清潔になっても衣類や布団などがチクチクする素材だと、かゆみを助長してしまうので、肌触りのよい柔らかなものを選んであげてください。
最後に三つ目の方法は、体を冷やすことです。
水疱瘡の流行時期は暖かい季節なので体温が上がりやすいですが、血流が良くなるとかゆさを感じやすくなるため、エアコンで部屋の温度を下げたり、濡らしたタオルや保冷剤を使うなどして患部をそっと冷やすと和らげることができます。
私自身、昔のことなので水疱瘡の記憶はないですが、最近、薬の副作用によって湿疹ができてしまい、辛いかゆみに悩まされたことがあります。
寝られないほどかゆくて夜中に何度も目を覚まし、流水で腕を洗ったりタオルを濡らして足に当てたりして過ごしました。
確かに冷やすと和らげることができ、すっと眠りに入ることができていたので、どうしても辛い時にはこの方法をお勧めします。

スポンサーリンク