水疱瘡 予防接種 2回目 忘れた

水疱瘡の予防接種2回目を忘れたときには

スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種が行われていますが、これは基本的に2回接種するというように決められています。
その中で水疱瘡の予防接種の2回目を忘れたという人も少なくありません。
子供の場合病気の予防のためにたくさんの注射を行う必要がありますが、しっかりと計画をしていなければ忘れたと言うことも珍しいことではありません。
水疱瘡の予防接種の2回目を忘れたという場合でも、1回目の効果が全くないと言うことではありません。
しかし基本的には2回行うことが推奨されています。
それは2回目を行うことで抗体が長く続くと考えられているからです。
水疱瘡の予防接種では、1回だけでは水疱瘡を発症してしまう子供が3割から4割います。
しかし2回目の予防接種を行うことでその割合も減少します。
水疱瘡を発症sたと気には軽症で済むこともありますが、場合によっては重症化することもあります。
妊娠した女性が感染すると、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼします。
したがって決められた回数を行うようにします。
スポンサーリンク

水疱瘡の予防接種の2回目を忘れたと言うことがないように、2回目をいつ受ければいいのかしっかりと把握しておく必要があります。
予防接種に関しては、1歳の時に1回目のワクチンを接種し、2回目に関してはそれから3ヶ月以上あけて2歳未満に接種することが望ましいと考えられています。
1回目と2回目の接種間隔は最低でも3ヶ月はあけるようにします。
ここで予防接種を忘れたと言うことがないように、次回の接種日の目安をしっかりと確認しておくようにします。
忘れたと言うことで水痘ワクチンを持っている人と接種すると感染する可能性が高くなりますが、72時間以内にワクチンを接種することで発症を予防することができると考えられています。
水疱瘡が流行する前にこのような対処をすることが必要になりますが、忘れたと言うことがないように予防接種のスケジュールを立てておくと安心です。
2回接種すると発症しにくく、発症しても症状が軽いので水疱瘡の跡も残りにくい傾向があります。
スポンサーリンク