水疱瘡 どれくらい 治る

水疱瘡はどれくらいで治るか?

スポンサーリンク

水疱瘡とはウイルス性の感染症の一種で、水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルスに感染する事で発症します。
水疱瘡は多くの人が子供の頃に経験する感染症なのですが、少数派ではあるものの大人になってから発症するケースもあります。
大人が発症した場合は子供の発症の場合に比べて、一般的に重症化する可能性が高くなるので注意が必要です。
 水疱瘡を発症した場合に現れる症状としては突然の発熱や、全身に現れる無数の皮疹がよく知られています。
この時の皮疹は時間の経過に伴ってかさぶたへと変化していき、少しずつ完治へと向かっていきます。
また状態がひどい場合には二次的な細菌感染等の合併症が起こる事もあり、稀に肺炎や髄膜炎等の重い合併症が起こる事もあります。
 ちなみに水疱瘡はウイルスに感染してもすぐに発症するわけではなく、一定の期間をおいてから発症するようになります。
この感染から発症までの期間の事を潜伏期間と言い、この感染症の場合には約2週間程度かかるとされています。
スポンサーリンク

 水疱瘡の治療については年齢等によって異なり乳幼児なら対症療法となりますが、それより上の年齢の場合には抗ウイルス薬の投与を行います。
この年齢による違いは発症後に重症化しやすいか否かの違いで、乳幼児より上は重症化しやすいので薬物療法を行うのです。
 ちなみに水疱瘡はどれくらいで治るかが気になる人もいますが、このどれくらいで治るかは人によって多少異なります。
例えば比較的軽い発症で済めば、治るまでにかかる期間が短くなる場合が多いと言われています。
またあらかじめ予防接種を受けていた場合にどれくらいで治るかは、平均的に見て4日程度とされています。
 そのため水疱瘡がどれくらいで治るかは患者の状態で異なるので、一概にどれくらいで治ると言いきるのは難しいのです。
ただし予防接種をしておらず合併症等が起きていない場合にどれくらいかかるかについては、10日程度となる事が多いとされています。
水疱瘡は兄弟間でうつる可能性が高いので、このどれくらいで治るかについてあらかじめ知っておく事も有効だと言えます。
スポンサーリンク