水疱瘡 熱 下がらない

水疱瘡で熱下がらない

スポンサーリンク

水疱瘡に感染すると、皮膚に赤い発疹が見られるようになっています。
このほかに体に現れる症状としては発熱があります。
水疱瘡では熱が下がらないことがありますが、このようなときには非常に心配になります。
水疱瘡とは、全身に水ぶくれが発生し、かゆくて非常に辛いと言うことが多くなっています。
しかし水疱瘡の初期症状としては、発疹が先ではなく発熱が現れることが多くなっています。
したがって風邪と間違えてしまう人もいます。
しかし水疱瘡の熱に関してはそれほど高くありません。
多くの場合38度から39度の熱が出て、2日から3日程度で下がっていくようになっています。
症状のあらわれ方には個人差があるのでしっかりと把握しておく必要があります。
中には水疱瘡で40度を超えるような発熱があったり、いつまでも下がらないと言うこともあります。
このような場合はしっかりと対処をする必要があります。
水疱瘡で高い熱が出たり下がらないときには、できるだけ安静に過ごします。
スポンサーリンク

熱が下がらないという場合でも、元気な子供がいます。
しかしここではできるだけ安静に過ごし、体力を低下させないように心がけます。
熱が下がらないという場合には体力を消耗し、体から水分が奪われてしまいます。
脱水症状になる可能性が高くなるので、水分補給をしっかりと行うようにします。
また子供の場合不機嫌になることもあるので、いつまでも下がらない場合は水を飲まなくなることもあります。
したがってこのような場合の対処法として、好きなジュースを飲ませるようにします。
いつまでも下がらないだけではなく口の中に発疹が出ていることもあります。
食事をするのが辛いので食欲が低下してしまいますが、おかゆやスープというように噛まなくても飲み込むことができる食事を用意します。
少し冷ましてから食べさせるのが大きなポイントとなります。
いつまでも症状が改善されない場合は病院を受診します。
長期間症状が続くことで合併症の危険性が高まります。
スポンサーリンク