水疱瘡 虫刺され 違い

水疱瘡と虫刺されの違いについて

スポンサーリンク

水疱瘡は皮膚に発疹が発生するようになっています。
赤い発疹と言うことで虫刺されと間違ってしまうこともあります。
水疱瘡は赤い発疹が見られ、かさぶたへと変化するようになっています。
水疱瘡を発症したときには発熱が見られることがありますが、高い熱が出ることはほとんどありません。
強い痒みを感じるので、病院を受診して抗ウイルス薬やかゆみどめを処方してもらう必要があります。
水疱瘡はどのような症状となっているのかというと、強いかゆみを伴う発疹が見られるようになっています。
赤い米粒程度のものなので虫刺されと間違ってしまうこともあります。
しかし虫刺されとの違いは、発熱を伴うことがあるという点です。
赤い発疹は胸や背中やお腹などに見られるようになっていますが、顔や口の中や頭の上にも見られるようになります。
これも虫刺されとの大きな違いとなっています。
半日程度で全身に症状が広がり、発疹は水を含んだ水疱へと変化していきます。
スポンサーリンク

水疱瘡による発疹は、2日から3日経過すると白い濁った液体を含んだ水疱となります。
その後かさぶたとなってこれが取れると皮膚の色素が抜けた跡が残りますが、時間の経過と共に目立たなくなります。
水疱瘡では初期に赤い発疹が見られるようになっていますが、これは虫刺されとよく似ています。
したがって始めは水疱瘡ではなく虫刺されと判断する人もいます。
しかし虫刺されとの違いは次のようになっています。
虫刺されとの違いはかゆみが非常に強いと言うことです。
このほかの違いに関しては水疱が現れるという点になります。
非常にかゆみが強いので、子供の場合は機嫌が悪くなってしまいます。
発疹に関しては陰部にも発生するようになっています。
これも大きな違いの一つです。
親が気がつかない間に子供がかきむしって化膿してしまうこともあります。
症状を悪化させないためには、虫刺されと水疱瘡の違いをしっかりと把握しておくことが必要になります。
そのためには発熱や発疹の現れ方が重要です。
スポンサーリンク